顎関節症、この方法で治った!

ほんとうに顎関節症って治るの?

 

歯医者さんで、大きく口を開けたせいで顎関節症に!

当時は、本気でそう思っていましたが、ほんとうの原因は別にあった。

 

かみ合わせ、歯ぎしり、食いしばり、片側でかむ、外傷、不安やストレスなど、いくつかの症状がかさなって発症すると言われていますが

 

「とりあえず、マウスピースをして様子を見ましょう」とか、

かみ合わせの調整だけで済むという単純なことではないのです。

 

治療法も料金も様々です。

 

歯科医では、おもにマウスピースの装着をすすめられますが、マウスピースの違和感があったりで、装着しなくなるケースが多いです。

 

「どうせやっても治らない」

「どこに行ってもマウスピースでしょ」

「ほんとうに治るの?」

「あきらめている」

 

私も「ほんとうに治るのかなあ」と思っていました。

 

 

ピラティスを学んでいくうちに、

 

自分の身体に向き合うことになり、私のあごは、身体は、今どうなっているのだろう。

 

片側かみ、食いしばり、ってなに?

・「片側かみ」は、片側だけの歯でかんでいる。

片側だけでかんでいると、片側に負担がかかり、片側だけ筋肉が発達していき、あごは、かんでいるほうにズレてしまいます。

 

さらに、軟骨などが変形して、あごが「ガックン」とずれたり、開かなくなってしまうこともあります。

 

そのせいで、片側だけほうれい線が深くなる。

これは、女性にとって、とても気になるところですね。

 

・「食いしばり」は、日常的にあごをかみしめていること。

ナイトピースをつけてみて、左側の奥歯だけ、白くクッキリとかみ後が残っていました。

こんなに!強い力で?

これが、歯医者さんが言っていた「食いしばり」

 

そういえば、仕事に集中しているときや、ストレスを感じた時も、体が冷えているときも、あごに疲れを感じていた。

 

知らず知らず、やっている「食いしばり」は、頭痛の原因に、そればかりか、自律神経の乱れや精神的な不調を引き起こします。

 

また、かむ筋力が強すぎて、口を開ける筋力が弱く、筋肉のバランスが悪く、左右の歯の高さ、あごのズレもおこります。

 

つまり、

日々、あごの力が抜けない状態にあるということです。

 

顎関節症は、頭、首、背中に深く関係があります。

 

あごから頭、首、背中全体へと、筋肉の緊張状態が広がっていき、さらに、「あごを突き出している」と首にも負担がかかり、姿勢が悪くなります。

 

自分では自覚もなく、分かりづらく、やっている人がほんとうに多く、そのため、慢性的な首、肩こりの原因ともなります。

 

顎関節症になる原因を日常生活からチェック

(症状)

  • 口を開けるとあごが痛い、
  • 口を開けるとあごが左右にゆれる、
  • 「ガックン」とあごがずれる、
  • 「カクカク」と音がする、
  • 首を回すのがきつい、
  • 首や肩が痛い、
  • あご先端が真中になっていない、
  • 片側の歯でかんでいる、

(おもな原因)

  • いつも片側に首を傾けている、
    (写真をみるとわかる)
  • いつも同じ片側の歯でかんでいる、
  • 食いしばり(日常的にあごをかみしめている)
  • 髪の分け目がいつも同じ側、
  • あごを突き出している、
  • 肩が内向きに巻いている、
  • 目が悪い、
  • 冷え性、
  • 姿勢が悪い、猫背、

(おもな癖)

  • いつもバックを同じ側で持っている、
  • 立つ姿勢で休めをする脚がいつも同じ、
  • テレビを見る位置がいつも同じ側、
  • いつもおなじ側のあごを下にして寝る、
  • 前かがみになっている、
  • 脚をくんでいる、
  • ほおづえをしている、など一部にみられるものです。

日常生活の積み重ねが原因!

 

顎関節症は、痛みのある部分だけ治療しているから治らないのです。

 

かみ合わせが悪いから、歯を削ったり、マウスピースを作っても、

治らない人も多くいます。

 

おもな原因や癖を知り、

いつもしている同じ癖を少しづつなおして、緊張状態から解放してあげます。

 

顎関節症、この方法で治った!

簡単にできる、改善方法をいくつか、ご紹介します。

 

  • あごの周りの緊張状態とる方法、口をあけて、口をゆっくり軽く閉じる(少し半開き状態)
  • 姿勢改善をする方法、鎖骨をまっすぐにし、背中の後ろで握手し、
    肩甲骨を意識しながら、おしりの方に下げる。

    (肩甲骨を下げると、自然にあごがうしろに引いていきます)

  • 姿勢改善をする方法、両腕を横にひろげ、ひじを曲げて、指先を胸の前で軽くつける。
    指先を離しながら、ひじを肩甲骨によせて、戻して。
  • 首の後ろ側をのばす、筋力をつける方法、ひざをたて、足幅は、にぎりこぶし1個分開けて、仰向けになります。
    そして、あごを軽くうなずく、戻して。

※すべて、足幅を握りこぶし1個分にひらいて、座ったままでも、立ったままでも出来ます。

 

これらを各7~8回繰り返し行います。

 

 

しばらく、あごの痛みを繰り返していましが、徐々にあごの痛みもなくなり、今では、まったくありません。

 

「カクカク」する音や「ガックン」と、ずれることもなくなり、

ナイトピースの出番もなくなりました。

 

この方法なら、身体に負担もなく、簡単でいつでも、どこでもできます。

 

顎関節症の原因は多種多様、

 

自分では自覚もなく、わかりずらい、身体の癖や原因を知り、身体を整えていくことであごの痛みから解放されるのです。