のどの痛みに効く、パイナップル!

風邪にはパイナップル!

風邪をひいても会社を休めない、のどが痛い、
そんな時パイナップルがおススメです。

パイナップルに含まれる(プロメライン)というタンパク質分解酵素があります。

お肉などを柔らかくする酵素、
実はこの酵素がのどを潤し、咳に効果があります。

子供のころは、
運動会やお誕生日会など、イベントがある日は、決まって家に帰るころに
は、のどのリンパ腺がはれ、つばを飲み込むのもつらく、熱も出て寝込んでいました。

熱が出ると、大きな重い石の布団が、身体の上にのっている夢を毎回見て
うなされていました。

母が、すりおろしリンゴをつくってくれたり、桃の缶詰を食べさせてくれました。

大人になったある日、どうも寒気もするし、のども痛くなってきた。

「風邪かも!明日、会社休めない!」
何か元気の出るもの?ビタミン!ビタミン!くだもの!

スーパーには「カットパイン」がいっぱいありました。
パイナップルを食べると、のどが潤って、すぐ元気になった経験が何度もありました。

その時は、パイナップルの効果はわからなかったのですが、
風邪やのどの痛い時には、確かにパイナップルが効いたのです。

人に言うと「逆に痛くなりそう」と言われていました。
ちくちく、イガイガ、苦いのがいやな人もいますね。

「私は効くんだよね!」「試してみて」ぐらいでした。
家族にも風邪かな、のどが痛い、そんなときには、必ずパイナップルを食べさせます。

最近になって、
ピラティスのインストラクターをやっている私が、
「パイナップルが風邪、のどの痛みに効きますよ」というだけでは、
説得力にかけると思い、詳しく調べてみました。

パイナップルを食べると、ちくちく、イガイガを感じたりしませんか?
これは、のどに付着しているウィルスをパイナップルの酵素が取り除こ
としているのです。

パイナップルには、
ビタミンC、B1、βカロテン、カリウムなどの栄養素が多く含まれ、
疲労回復、のどの炎症をおさえ、痰が切れやすく、咳にも効果があると期待されています。

パイナップルは熱に弱いので缶詰より、はやり生のものがいいですね。
コンビニでもスーパーでも手軽に手に入ります。

風邪やのどの痛み、咳にも効果的ですので試してみてくださいね。