運動嫌い!でも痩せたい!

運動をしたほうがいいのは、わかっちゃいるが…

 

 

健康のため、痩せたいけどジムに行くのは面倒!

  • 年々、マッサージや整体に行く回数が増えてきた、
  • 首、肩こりがひどい、
  • きびしい筋トレも運動も嫌い、
  • 何をやっても続けられない
  • 歳だからしかたない、
  • 今更、若い人がいるジムに行くのは恥ずかしい、
  • 最近、体力もやる気もなくなってきた、
  • 老けて見られるようになった、
  • 運動何かやらないと、と思っている、

 

わかっちゃいるが… なかなか…

 

運動嫌いは、運動の本当の必要性を感じていない

そもそも運動が嫌いだから、何もやりたくない、やる気が起こらないのはあたりまえ。

なぜなら、

運動は、「楽しくないもの」「面倒なもの」として、脳に記憶されているからです。

 

若い時は、痩せようと思ったら、すぐ痩せられたし、多少無理もきいた、肌もきれいだったでしょう。

 

歳をかさねてくると、

今まで感じなかった身体の変化を感じ始めたり、何をやっても続かない、疲れもたまるようになってきます。

 

「運動したほうがいいよ」というと、

「運動したほうがいいのはわかっているけど、なかなかねえ…」

 

と言いながら、お菓子をぼりぼり…

美味しいランチを食べては、ケーキは別腹よ!

 

明日から、ダイエットしなくちゃ!

(楽してやせる方法ないかなあ…)

(そんなんで痩せるかいな!)

 

運動=楽しくない、面倒、疲れるものと思っているので、何をやったらいいのか、どうして必要なのか、わからないです。

 

日の生活の中で運動を続けることは、そう簡単なことではないのです。

運動しないといけないの?

 

 

運動をしなければ、筋肉量が減る。

 

ダイエットで食べる量を減らして、

「体重が減った!」と喜んでいませんか?

 

実は、体重と一緒に筋肉量も減ってしまい、代謝も悪くなります。

代謝が悪くなると、今まで消費していたエネルギーが消費できなくなり、脂肪が身体につきやすくなります。

 

これがリバウンド!

 

痩せにくい身体になってしまうのです。

 

年齢とともに、大きな筋肉を使うことがなくなり、筋肉が衰えはじめ、老化が始まります。

 

立ち上がり、歩行、バランス感覚、つまずきやすくなる、

 

いくら、若いときに運動経験があっても、その後、何もやらなければ筋肉はついていきません。

 

筋肉は、体幹や上半身、下半身の足腰、身体を支えるだけでなく、心臓のポンプの代わりに血液を心臓に戻す補助ポンプの役割もあります。

 

パソコンやスマホ、車、エレベーターなどの生活環境の変化もあり、高齢者だけではなく、20代からでも筋肉の衰えが始まっています。

 

運動というと激しい運動をすると思われますが、

 

意識して身体を動かし、バランスの良い食事と運動、筋肉を衰えさせないために必要な運動をすればよいのです。

いきなり、大きな目標を決めない

 

 

運動嫌いは、小さな目標を少しづつ変えていくこと。

 

家でDVDを見ならがトレーニング、

ランニング、ストレッチ、○○ダイエット、

 

運動嫌い、でも痩せたい!

勇気を出して、ジムに行っても、運動をしても、

もともと運動が嫌いだから、

はじめは頑張っても、変化が見られないとやる気もなくなり、徐々に面倒になってしまいます。

徐々に行かなくなり、

本来の目的など、とうにすっ飛んでいます。

 

運動が面倒なのに、人目を気にするトレーニングでは、なおさら続かないです。

 

  • 3ケ月後には、体重を10kg落とす、
  • お腹の肉をなくす、
  • 着たい服が着れるようになる、
  • 昔のように痩せたい、

 

いきなり、ハードルを上げると挫折してしまいます。

 

はじめは、本当に小さなことから始めたほうがいいのです。

 

外に出て良い空気を吸い、身体を動かすことは、

「気持ちがいい!」と自然に思える脳つくりから始めてみましょう。

 

運動嫌いだったトレーナーだから、わかる!

無理することなく運動でき、痩せる方法を紹介しています。